2010年09月06日

初パケです! ……三日前だった!

合同の方ですが、「そろそろパッケージにしても良い出来なのかな?」
ということで、探り探りではありますが初パッケージにトライです!

\なむあみっ! パッケージ版/

「店舗で流すかもしれないからPVを店舗用に」とのことで、何気に先月末PVを作り直したのです。あくまで「かも」だったので期待はしていなかったのですが、どうやら「とらのあな秋葉原店」でポスターが貼られていたり、PVが流れていたりするようですね。……見てみたい!

現在は売り切れてしまった店舗も多々ありますが、たちばな書店やとらのあな、特にメロンブックスなどは大量に発注してくれているので、そこらへんを探してもらえれば見つかると思います。見つけてくれると嬉しいです!

以下、突発型新刊レビュー
※今ヒマだよ! って方のみ、つづきからどうぞ!

\てるき熊さんによる 「幼き花●鬼胎少女(かみはらみし おとめ)」/
てるき熊さん新刊
隣にぽんと置かれた同人誌、同作者さんによる「たのしいせんとう」
DL販売もされているこちらの作品ですが、やはりケシの薄い同人誌で嗜むのが紳士のつとめだと思います。

肝心の新刊「幼き花●鬼胎少女」については、同作者さんの同人誌「神(ヌシ)の棲む山」をまとめたものとなります。
同人誌をまとめ、大量の加筆修正をおこない商業刊行をするという出版社の荒技です。
その裏技的出版が無ければ過去作を読むことが出来なかったので、私にとっては願ったり叶ったり……!

元々が同人誌という、ストーリー性に重点を置いた本作品、最初から最後まで読み応えたっぷりな一冊でした。話は完結せず、まだまだ続くようなので今後もこういった形で商業刊行されると良いなーと淡い期待を抱いています。

ストーリーについても長々とレビューをしたいのですが、このままではレビューサイトになってしまうので渋々割愛。

あ! 非常に重要なことなのですがストーリー物とはいえ、そのストーリーの根幹にエロが関わってくるのでエロシーンはかなり多めです。そういった面でも満足です。

\あかざわREDさんによる 「みるくぱぁとなーず!」/
\羊乃さんによる 「かんちゅ〜☆はい!」/

どれだけ待ったことか、どれだけ待たされたことかコアマガジン!
メガストアHにカラー原稿が掲載された時はテンションが上がったものです。本数溜まった後のカラー=単行本フラグ、みたいなものですからね!

羊乃さんの初単行本「かんちゅ〜☆はい!」

てぃっつさん、鈴根らいさん、そして羊乃さん
私の中でのロリ超乳三大巨頭の一人です!
今回の初単行本でも、ロリ超乳が二作ほど収録されていました。

「かんちゅ〜☆はい!」特典情報
色々と店舗によって違ったポストカードが付くので、興味が湧いた方はリンク先からどうぞ!
私はもちろんまんが王での注文でした! 超乳ポスカ、後生大事に抱えてこれからも頑張って生きていこうと思います!

ちなみに羊乃さんの漫画は、どこか不思議な笑いがあります。
所々に埋め込まれたその不思議なユーモアセンスが飽きさせない、とても良い本です。
あの笑いは何だろう……クセになります。


そして最後はあかざわREDさんによる新刊「みるくぱぁとなーず!」
ベテランのロリ作家さんです。
大ゴマでボケてくるギャグ主体のその作風は、読む者に抜くひまを与えない!

この方の漫画も、読んでて楽しくなれる良い漫画です。
基本ロリビッチ。

今回の新刊ではロリ巨乳一作、ロリ超乳一作が収録されています。
私が購入した理由もそこです! アンバランス感が際だった、心洗われるロリ超乳でした!

ふぅ……

いまだかつて無い程までに、ひたすら喋ったような気がします。すっごく満足しました!
ありがとうございます! 何に対してお礼を言っているのかが分かりませんが、とにかくありがとうございます! へへっ
posted by pami at 18:41| Comment(0) | レビュー
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。